フェイシャルエステの種類

フェイシャルエステと一言でいっても、実はいろいろな種類があるというのはご存知でしょうか?サロンによっても呼び方が違う、より細かく分かれているというケースもありますが、主な6つの種類のフェイシャルエステをご紹介したいと思います。

まずはピーリングです。ピーリングは古い角質を除去して新しい肌細胞の生まれ変わりを促進する方法です。化学薬品を使った方法をケミカルピーリングといいますが、ケミカルピーリングはメディカルエステでのみ施術を受けることが出来ます。

次にイオン導入です。これは美容成分をイオン導入器を使いお肌により浸透させるという方法になってきます。微弱な電流によって通常手で塗り広げるのに比べると30~100倍の浸透力を持っています。

光フェイシャルは光の力でしみやくしみの元を除去し、コラーゲンの生成を促進するという方法です。

ホワイトニングは美白効果を持つ美容液などを使い、美白に特化したケアを行うフェイシャルエステです。 シミやくすみなどの肌悩みを持つ方に人気のフェイシャルエステです。 シミやくすみを解消するなら美白コースのあるフェイシャルエステを選びます。 美白エステおすすめランキング

毛穴エステは、毛穴の汚れを落として毛穴の目立たない肌にするケアをします。それから、毛穴を引き締めてたるみの予防をするケアなどもおこなっています。 毛穴におすすめのフェイシャルエステ

そして最後にリフティングです。小顔エステとも言われていて、ハンドマッサージなどによって頬のたるみなどを改善して行きます。

フェイシャルエステって効果があるの?

はじめてフェイシャルエステを受ける場合、本当に効果があるのかどうかは気になるところですよね。 フェイシャルエステの効果は、やはり年齢によって実感することが出来る年代とそおうではない年代に分かれてくるようです。 どちらかといえば年齢が高い人ほどフェイシャルエステの効果は実感しやすく、逆に若い人ほどフェイシャルエステの効果は実感しにくいと感じている人が多いんです。

この理由としては、若い人はもともと自分自身が持っている力によって、ケアをしていくことが出来るのに対して、年齢を重ねている人はその分自分自身のケア能力が低下しており、フェイシャルエステで低下している部分のケアをしっかりとしてもらうことによって、フェイシャルエステの効果が出やすくなってくるからなんです。

若いときにはニキビができてもしっかり洗顔して皮脂を落とせば徐々に良くなっていきます。しかし大人になってからニキビができると、洗顔だけでは良くならないこともあります。そんなときはフェイシャルエステのニキビケアが効果的です。フェイシャルエステでニキビを解消

若い人でも、ストレス過剰な方、普段の日常生活が乱れがちで、年齢以上にお肌の年齢が高いかたなどは、フェイシャルエステの効果が実感しやすくなってきます。もし、フェイシャルエステをおこなっても効果を実感できないという人は、それだけ自分自身の肌年齢が若いということになりそうです。

渋谷は様々な情報発信の中心的なエリアですが、フェイシャルエステに関しても新しい技術を取り入れたサロンなどが見つかります。渋谷のフェイシャルエステなら、ニキビやシミ、小顔などいろいろな悩みに対応できます。渋谷のフェイシャルエステおすすめは?

フェイシャルエステに行くときメイクやコンタクトはどうする?

フェイシャルエステではまずクレンジングを行い、洗顔を行い、実際フェイシャルエステの施術に入っていくことになります。 そのため、フェイシャルエステに行くからメイクをしてはいけないということはありません。

フェイシャルエステを終えたのちには、ちゃんとメイクルームが用意されていることが多くなりますので、自分が普段使っているメイク道具を持ち込んでメイクをすることが出来ますよ。 新宿区はエステが多いエリアです。エステ間の競争も激しいので各社がサービスを競っています。そのため、メイクルームを用意しているフェイシャルエステサロンも多いです。新宿ならフェイシャルエステの種類も多く、様々な肌悩みに対応できます。 新宿でおすすめフェイシャルエステ

また、化粧品メーカーなどで運営しているフェイシャルエステの場合には、そのメーカーの最新メイクアイテムが用意されているケースもありますので、あえてメイク道具を持ち込まないで、新しいメイクアイテムを試してみるということもおすすめです。

コンタクトレンズについては、装着していく場合には、コンタクトレンズケースなどを持参して、フェイシャルエステの最中には外すようにします。 また途中お肌の状態をチェックすることもありますので、メガネを持参して行くと便利です。 コンタクトレンズを装着したままフェイシャルエステの施術をしてもらうと、レンズで眼を傷つけてしまう危険性がありますので避けるようにしましょう。