話題のハイフに言ってきました!効果はいかに!?

ハイフ画像

こんにちは!マコです!
最近肌のアンチエンジングに目覚めている私。

スキンケアを頑張ってみたり、最新の美容情報を収集したりして日々研究しています。

そんな私が興味を持ったのがハイフです。

友人が「ハイフのリフトアップ効果がヤバイ」と話していたので、気になって色々と調べてみると、確かにハイフの効果を実感している人達の声を沢山目にすることができました。

沖縄でハイフが行える場所はいくつかありますが、セルフで行なうハイフはリーズナブルで通いやすそうだったから、私は行く事にしました!

セルフハイフはスタッフさんが機械の使い方を教えてくれて、自分で施術するというものです。

自分でやるかわりに料金は安いですが、素人が施術しても大丈夫なのかな?という不安は残ります。

でも口コミをみてみると、セルフでも十分効果を実感している人はたくさんいました!

ハイフ=リフトアップのみと思っていましたが、実際にサロンに行ってみてスタッフさんの説明を効くと、リフトアップだけでなくトーンアップの効果もあるとのことでした!

ハイフには照射モードが2種類あります。
ひとつ目は筋組織まで届く長い波長。衰えた筋肉を引き締めて、気になるほうれい線やマリオネットラインを改善してくれます。

こめかみやおでこにも照射できるので、目尻のシワにも効果的なんです。
スタッフさんからの説明で知ったのですが、シワに直接照射をするよりも、シワのげん人を作っているたるみ部分を照射した方がリフトアップ効果が高まるんだそうです。

たしかに重力に従って上から下にさがっていくので、上からアプローチしないといけなんだなって事が分かりました。

ふたつ目は肌の真皮層まで届く短い波長です。
この波長を肌に照射すると、コラーゲンの生成力を高めてくれるんだそう。

アンチエイジングを意識するようになって知ったのですが、人間には自力でコラーゲンを生成する力があるんだそうです。
でも歳を重ねると、次第にコラーゲンを生成する力が弱まっていきます。
ハイフを行なうと、コラーゲンを生成する力まで高めてくれるので、リフトアップだけじゃなく肌の表面もキレイにしてくれる効果があるんですよ。

二つの波長のうち、引き締め効果のある波長はパワーが強く、痛みが伴う人も少なくないんだとか。私の場合は痛みはそれほどでしたが、おでこを照射したときに痛みを少し感じました。
痛みの感覚としては、肌が痛いというよりも、頭痛に近いですね。
なんでも皮膚と骨が近い所は痛みが出やすいんだそうです。

パワーは調整できるので、痛みがある人はパワーを落として施術します。
私はとにかく効果が欲しかったので、最大のパワーでやらせていただきました!(笑)

私の場合、引き締め効果は施術が終わった直後に実感できました。

ほうれい線が気になっていたのですが、1回の施術でかなり薄くなったんです。効果の即効性に驚きましたね。

コラーゲン生成の実感は施術後から1~2日後から実感できると説明を受けました。
2日後たつと、毛穴は引き締まり肌のトーンがアップ。肌が若返った感じになりました。

セルフでもこんなに効果を実感できて、しかも価格も安いしこれは良い物を見つけた!といった感じ。

ただし効果が持続するのが2週間まで。

効果は永久的なものではないので、定期的に行う必要があるんです。

ハイフは始めの4回は2週間に1度のペースで施術をうけると、効果が持続しやすくなるんだとか。

美容に詳しい友人が言うには、効果の持続性を考えるなら医療レーザーがオススメとのこと。

医療レーザーは1度の施術で半年間効果が持続するようです。
ただし価格は高額(゜゜)

ちなみにハイフにも医療用があるみたいで、医療用のハイフは効果がものすごいようです。ただ痛みが出やすく施術日もかなりお高めで、ダウンタイムが3ヵ月あるんだとか・・。

顔に照射する系の施術は色々ありますが、自分のお財布事情や体質に合わせて上手にセレクトしていきたいですね。