お酒について語っていく

お酒画像
こんにちは!マコです!

私は沖縄出身なのですが、沖縄の人はお酒好きな人も多いですよね。
私もお酒好きのうちの人の一人。
お酒は弱くないし、ビールにワインウイスキー、日本酒わりかしなんでもイケていまします。
お酒好きな女性が気になるのが、お酒が与える肌への影響です。

お酒を楽しみながらも肌はキレイになりなたい・・・そんなジレンマを抱える人もおおいですよね。
そこでお酒を飲むと肌にどんな影響があるのか調べてみました。

・お酒を飲むと肌が乾燥する!?

お酒を飲むと、身体がアルコールを分解しようとして体内の水分が大量に使われます。
すると体は乾燥しやすくなり、乾燥肌になりやすくなってしまうのです。

・肌荒やくすみ、ごわつきの原因になる!?

お酒を体内で分解する時、アセトアルデヒドという成分が分泌されます。
アセトアルデヒドは分泌されると細胞を傷つけ、肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れる可能性が。
ターンオーバー乱れてしまうと、健康な肌が生まれず、肌のごわつきやくすみやキメの乱れの原因になります。

・シミやシワ、たるみが加速する!?

肝臓はアルコールだけでなく、食物に入っている毒素なども分解する働きがあります。お酒を飲みすぎると、肝臓が過剰に働いて老化の原因となる活性酸素が大量に生成されてしまうのです。
活性酸素が分泌されると、美肌にかかせないコラーゲンが壊され、シミやしわ、たるみが加速して老け顔になってしまうのです。

お酒ってこんなに肌へ悪い影響を与えるんですね(泣)

お酒好きとしては肌をキレイにしながら楽しんでいきたい・・。というわけで、どうにかこうにか肌への影響を避けながら飲む方法も探してみました。

1.肌に良いとされるお酒を選ぶ

飲みすぎこそ良くないものの、お酒も適量であれば体に良い影響もあります。
日本酒、赤ワイン、焼酎は量によっては肌へ良い効果をもたらします。
日本酒にはシミ・くすみを改善するコウジ酸が含まれています。特に純米酒には添加物が入っていなく、アミノ酸も豊富。アミノ酸は肌へ潤いをもたらせてくれます。
また赤ワインには抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれています。抗酸化作用がある食品を摂取すると、老化の原因である活性酸素が除去されて、シミやシワを防いでくれるのです。
また焼酎は糖質が低く、太りにくいお酒だというのは良く知られていますよね。
特に芋焼酎は抗酸化成分であるアントシアニンが豊富にふくまれています。ワイン同様老け肌を防ぐ働きがあるのです。

2.お酒を飲む時にはビタミンCとBを摂取する

お酒を肝臓で分解する時はビタミンCやBが大量に消費されます。
そのため、お酒を飲む前はサプリメントなどでビタミンC・Bを摂取しておきましょう。
ウコンのサプリメントは肝臓をムリヤリ働かせているという形になるので、逆に肝臓を疲れさせてしまう場合もあるので、ほどほどに利用しましょう。

3.お水をたくさん飲む

お酒を飲を分解する時には水分が消費されて、肌が乾燥しがちになるのでお酒を飲む時はそれと同量のお水を飲むようにしましょう。
お酒を飲むと脱水状態になりやすく、二日酔いの原因にもなるのでお水をたくさん飲むようにすると二日酔いも防げます。

肌を気にしながらもお酒を楽しむ方法を挙げていきましたが、やはり飲みすぎは良くありません。
休肝日も入れつつ、量も抑えてお酒は程良く楽しんだ方がいいですね。

ちなみに私の大好きなビールは体を冷やす作用があるので肌にはあまりよろしく無いかも知れません(泣)

賢く程良くお酒を楽しんでいこうとおもいます!